次から「いのうえです」で検索してね!

兼業小説家いのうえのプロフィール【文字を書いて生きてます】

いのうえ
いのうえ

フリーランスになって5年、数千万円の売上をだせるようになったけど、なんか違う

28歳の今、ぼくが感じていること。

23歳で会社員から独立し、ひとりで頑張ってきたけど、どことなく満たされない。

本当にやりたいことは?

このまま歳をとる人生ってどうなんだろう?

自分は果たして、今生きてて楽しいんだろうか?

…ここ2年ほど、常にそう自問自答していました

周りの人はいいます。

すずきさん
すずきさん

とりあえずお金稼げてるならいいじゃん

たなかくん
たなかくん

なにが不満なの?

でもぼくは思ったのです。

いのうえ
いのうえ

お金稼げても、全然おもしろくない

それもそのはずでした。今までのぼくは「他己評価」の中で生きてました。

お金があることがすばらしい

有名であることがいい

そんな「誰かが決めたすばらしい人間像」になることを無意識に求めてました

このブログは「人生に迷ったひとりの男が、自分軸で生きるようになるまで」を描いていきます。

現在進行形で、人生をリデザインしている、そんなブログです

どうもはじめまして。いのうえです。

  • 九州在住の28歳のパパ
  • フリーランス5年経過(ブロガー、コピーライターなどなど)
  • 人生のリデザインの一環で2020年から某社でコピーライター、webディレクターになる予定
  • 平均月利3-10%のトレーダー
  • 作家になりたくて小説執筆中

年収○千万円稼いでも、つまんなかった

実は、ぼくはつい最近まで、年収で4桁万円を稼いでいました。

一般的には「いい感じじゃん」って数字だと思うんですけど、すいません。自慢でもなく、ぼくは病んでました

確かにお金はありました

けど「自慢できる稼ぎ方」ではありませんでした

いわゆる、アフィリエイトなどでお金を稼いでいたんですが「誰かの役に立ってる感じが一切しない」という理由で、意気消沈してしまったのです

お金を稼ぐこと自体が好きで楽しめるなら、それで満足だったんですけど、ぼくはお金を稼ぐことそのものはあまり好きではないことに気が付きました

いのうえ
いのうえ

必要だからお金を求めただけで、それを頑張るほどぼくは夢中にはなれない

お金しか得られないそれに嫌気がさし、一気に収入を減らしてみました

今も、とりあえず生活に困らないくらいのお金は得ていますが、あまり積極的ではありません

不自由にみえて、自由なサラリーマン

ぼくがフリーランスになった理由は、縛られるのが嫌だったからです

ぼくのいるフリーランス界隈では、

たなかくん
たなかくん

サラリーマンは不自由!フリーランスの方がカッコいい!

という文化?のようなものがあります。

ぼくはサラリーマンも数年やってたので、別にサラリーマン卑下はしたことないですが、まあたしかにフリーランスは自由ですし、そう感じていました。

でも、それはひとりのサラリーマンとの出会いで壊されました

昼間はがっつりサラリーマンをし、実は作家でもある

そんな人に出会ったんです

彼は普通のサラリーマンだったんですけど、それと兼業で小説を書いたり、いろんなことをやっていました

それでも食べられるくらいの収入はあるのにもかかわらず、

すずきさん
すずきさん

サラリーマンは別に辞める気はないよw

と笑いながら言ってました。

とにかく、人生楽しそうでした。

かたや、ぼくはフリーランスとして、確かに場所も時間も自由ですし、お金は得てましたけど「つまらない」と日々思ってました

周りのフリーランスも、自分を目立たせるための、いわゆる「ポジショントーク」というもので、ある属性の生き方を否定する言葉ばかりを言っていて、なんだかなーと

ぼく的には、このサラリーマンの方がどことなく自由に思えました

自由になるのに、働き方は関係ない。

サラリーマンだろうと経営者だろうとフリーランスだろうと、仕事の仕方や収入の大小は「自由や幸福」には直接的には関係ないようです。

それを考えたときに、商売だと割り切ってつまらないことをやるよりも、商売にならなくても「楽しいと感じること」をやったほうがいいと気づきました

その結果、

  1. 今のスキルを売れる会社に入って仕事をする
  2. 空いてる時間で、ずっとやりたかった小説を書く
  3. お金稼ぎという面で楽しいと思えたトレードで資産形成する

という選択をしました

つまり、フリーランスからサラリーマンに転職です

そして兼業作家、兼業トレーダーとして生きていくことにしました

今の自分は、それでいいんです

最終的には作家として食えるようにもなりますが、そのときに兼業じゃなくすかはその時決めます。

自分軸で生きる【文章で生きる】

今はSNSも発達してるので、自分じゃない誰かの人生や価値観に、嫌というほど触れるのが容易です

それはいい方向に左右することもあります。でも、他人と比べてしまって「ありもしない劣等感」を感じてしまったり、いつのまにか他人の価値観に染まって、自分を見失ったりもします

ぼくはまさにそれでした。その結果、生きるのが本当につまらなくなった

誰になにを言われても、自分が思うがままに生きる。これが重要なんだな、と。

今はそう実感しています

将来は、お金に困らないことを前提に、文章を描いて生きつつ、トレード極めて錬金術してたいですね

いろいろ自分と向き合った結果、僕は文章(物語)を書くのが好きでした。

特に、想像や感情を文章化するのが。

ビジネス的な文章、例えばセールスライティングやSEOを意識した文章も嫌いではないですが、必要だからやってるだけでそこまで好きではないです。

しゃべるのも好きですが、文章は自由です。

書き手のイメージを文章にするのは制限がありません。

たなかくん
たなかくん

ありえねえだろw

ってことも、お話にできます。それを読者とイメージ共有することもできるし、読者のイメージが作者と違うこともあります

これって愉快だな、って。

それで飯が食えたら、その飯はマジでうまいんでしょうなあ~

このブログで発信すること

特に決めてません。

以前は「アフィリエイト収入を得るために」SEOをゴリゴリ意識した記事を書いたりしてましたが、それも今のぼくにはおもしろみを感じません

なので、勢いに任せたブログになると思います

とはいえ、読者の役にはなんだかんだ立ちたいので、以下のことは多めに発信して行こうかなと思います

  1. フリーランスから会社員への転職と、実際のところ
  2. サラリーマンの副業について
  3. 多分コピーライターとして働くので、コピーライティングのこと
  4. FXのこと:収益報告とかいろいろ
  5. 小説のこと:実際に描いてる作品やその企画公開などなど。はよ公開できるようになりたい
  6. 自分軸で生きるために考えておいたほうがいいこと。失敗談も添えて

こんな感じかなー

ま、気楽にやっていきます( ´ ▽ ` )

Twitterでも時折発信してますので、よかったらフォローしてください

そのうちラジオも始めます。書いてばかりなので、たまにしゃべりたくなりますw

いのうえです

文章書いて生きてます。2019年12月から小説をはじめました✏️ 今は脚本家の元で学びつつ日々物語を作ってます【本業】WEB関係(広告、ライター) 【夢】誰かの価値観を揺さぶるような作家 ■死ぬまで物語をつくっていきたい ■小説書くのたのすぃぃぃい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

いのうえをフォローする
いのうえについて
\気に入ったらシェアしてね/
いのうえをフォローする
いのうえです
タイトルとURLをコピーしました